Interview 御笠川店 店長 – 小森 玲奈 - 極東ファディ株式会社の採用サイト

Interview

色々なことにチャレンジできるのが一番の魅力

入社のきっかけ

管理栄養士の資格を持っているので、食品関係の仕事に就きたいと思っていました。もともと母がファディをよく利用していたので、ファディ自体が馴染み深い存在ではあったのですが、どんな会社かということまではよくわかっていませんでした。でも、会社説明会で社長の話を聞いて、すごくチャレンジ精神にあふれる会社で、自分もその一員としていろいろなことにチャレンジしていけたらきっと楽しいだろうなと思い入社を決めました。

ちなみに、入社後の説明会で飲んだコーヒーがすごくおいしくて、ブラックで初めて飲めたことも感動でした!

今後やってみたいこと

入社当初からカフェ部門にはすごく興味があったので、いずれはメニュー開発に携わってみたいなとは思っています。もちろん店舗部門も楽しいので、まずはそこでしっかり経験を積むことが目標ですが、後々はそういう部門にいけたら楽しいだろうなあと思います。

コーヒーだったり、商品開発だったり、企画だったり…。ファディにはたくさんの部署があり、いろいろなことにチャレンジできるのが一番の魅力かもしれませんね。

スケジュール

9:00

出社、開店準備

メール・グーグルワークスペース チェック

9:15

商品勉強会(オンライン)参加

9:45

朝礼でスタッフと目標共有

10:00

開店、売り場整理

10:30

試食販売のチェック

11:00

お客様対応

14:00

売り場作成、手書きPOP作成など

15:00

従業員のシフト作成など

19:00

閉店、閉店業務、日報作成

御笠川店 店長

小森 玲奈

2017年 新卒入社

入社してみて

入社前に思い描いていたファディのイメージは、“コーヒー屋さん”と“冷凍食品がたくさん置いてある”という2つでした。でも、実際に働いてみると、コーヒー豆は焙煎後2週間までのものしか売らないとか、冷凍食品に関しては「消費者がひと手間加える」というキーポイントがあるなど、他のスーパーにはないこだわりがたくさんあることに気づきました。

一般的なスーパーは「家から近い」「安い」などの基準で選びがちですが、ファディにはわざわざ遠くからでも来てくださるコアなファンが多い。コーヒー通や、味にこだわりのあるお客様が多く、ファディの思いやこだわりに共感してくださっているのだなと本当にうれしく思いますね。

店長に任命された時はどんな気持ちでしたか?

正直びっくりしました。男性の店長が多いのですが、ちょうどその頃は女性店長も増えつつある時期で。でも自分ごとには考えていなかったので、まさか自分が?という思いでした。「私にできるのかな」「私で大丈夫なのかな」とすごく悩んでいたのですが、統括店長や上司の後押しもあり「とりあえずやってみよう!」と思えるようになりました。困った時、悩んだ時に、すぐに相談できるフォロー体制が心強かったですね。

店長として大変な部分は?

店長になる前までは、担当部署のことだけを考えておけばよかったのですが、店長になったら全体を見ないといけなくて。お店全体の数字や、いろいろな責任を店長が持たないといけないので、やはり大変ですね。でも、店長になって全体を見るようになったことで、今まで見えていない部分がたくさん見えてきたように感じます。
パートさんの人柄を深く知ることができ、そこで築けた人間関係もありました。その過程ではパートさんとの衝突もあったし、部下との仕事の割り振りなども大変でしたが、店長にならないと経験できなかったことがたくさんあるので、すごく成長できたなと感じています。

印象的なエピソード

先ほどお伝えした「パートさんとの衝突」の部分で、私の仕事観を変えてくれる出来事がありました。まだ店長になりたての頃、私がパートさんのことを深く知らないままシフトを組んでしまっていて、パートさんたちの間ですごくストレスや不満が溜まっていたんです。「このままじゃいけない」と感じ、一人一人と面談をする時間を設けさせてもらって本音で語り合ったんですよ。その面談を通じて、パートさんたちが店長になりたての私の負担を減らそうと動いてくれたことを知って、絆がすごく深まりました。それ以来、シフトに限らず、業務内容についても思いを擦り合わせていくことを心がけるようになりましたね。この経験を生かし、「動く時には、まずは一人ひとりの気持ちを知ってから動く!」を私のモットーとしています。

女性としての働きやすさを感じていますか

そうですね。育児をしながら時短勤務をしている先輩もたくさんいらっしゃるので、いずれは私自身も結婚や出産などで、そういう働き方もできるんだなというビジョンは描けていますね。復職しやすい環境もあるので、私自身の環境が変わっても、安心して柔軟に働けそうだなと感じています。

ファディには「女性活躍推進プロジェクト」という、女性のキャリアアップを後押ししてくれるプロジェクトがあります。そこでは社外の人が女性の働き方について話してくれたり、部署ごとの女性の仕事を紹介してくれたりして、「こんな働き方もあるんだ」というのを知ることができます。女性店長による質問コーナなどもあり、若手の人もキャリアアップへのイメージが湧きやすいのではないかと思います。

また、「ファディ女(じょ)の会」という年に1回、女性社員が集まる会があるのですが、ここでもいろいろな意見を聞けるし、新たな気づきもたくさんあります。これらの取り組みを通じて、「女性だからできない」と女性が勝手に作ってしまっている“壁”をとっぱらって、「頑張ってみよう」と勇気づけられる子が増えていったらいいなと思っています。

ファディのアピールポイントと後輩へのメッセージ

縦と横のつながりが密で、社員間のコミュニケーションが活発なのがファディの魅力だと思っています。今でも困ったらすぐ上司に電話をして聞いたり、「助けてほしい」と伝えられたりする環境があり、すごく心強いですね。入社してすぐの時でも、そんな環境だから不安もなく頑張れたと感じています。だから後輩が入ってきた時には、後輩たちにもそういう環境を整えてあげたいなと思っています。

それと、コーヒーは間違いなくおいしいです! そのおいしさの秘密は、ファディに来ればきっと納得してもらえるはず。コーヒーの奥深さや食へのこだわりなどさまざまな取り組みを知ることできるのですごく楽しいし、世界がすごく広がりますよ。

recommend

商品部 藤村 絵理

とにかく仕事は「トライアンドエラー」

フードサービス事業部 馬場 颯

「お客様から声をかけられる前に気づく」ことを徹底

御笠川店 店長 小森 玲奈

色々なことにチャレンジできるのが一番の魅力